新人研修2日目 人と接する最低限のマナー2

昨日に引き続いて人と接する最低限のマナーをお送りします。

②訪問先でのマナー
○時間を厳守する
営業では、よく相手の会社へ行くことがあると思います。営業マンなら当たり前すぎて、良い意味で気にしていない人が多いと思います。僕も当然ながら、いちいち気にしていません。それは『時間』です。
だって営業で行く場合は相手に時間を割いてもらっているんですから、早くても良くないけど遅れるなんて持ってのほかです。時間の目安はだいたい5分前くらいが良いようです。万が一、遅れる場合は必ず連絡を入れないといけません。
僕は10分前にオフィスのある建物に着き、大きなオフィスビルであれば5分前に電話を入れるようにしています。そして3分前にはオフィスへ訪問するようにしています。
カンボジアなど東南アジア地域では、雨季になるとスコールがあり公共機関が平気で遅れるのでタクシーではなくバイクを使うことをオススメします。
○身だしなみを整える
営業先へ訪問するときは常にビジネススーツを着るのが日本では常識ですが、ここカンボジアではスーツを着なくても問題ありません。なんせ暑いですからね。
日本だとスリーピースを好んでましたが、カンボジアは暑いのでスリーピースなんて着ちゃうと汗だくで逆に不潔に見えるのでよくありません。
カンボジアでは、日本で言うところのクールビズのようなノーネクタイで良いとされています。白シャツに黒か紺のスラックス(おしゃれするなら茶系でも)に黒い革靴が良いと思います。
他にも髪型やグルーミングにも気を使っていれば良いと思います。
僕が日本に居た時、昔のキムタクや江口洋介のようなサラサラロングヘアをしていましたが、バッサリと切り落としスポーツ刈りにしています。こちらに来てからは暑いのもありますが、バイクで営業を回るのでヘルメットを被る機会が多く、いちいちヘアセットをするのが面倒くさく感じられたことが大きいです。
また他にも気を使っているグルーミング。鼻毛カッターや電動ひげ剃りは常に鞄の中に入れています。
○挨拶をする
挨拶に関しては前回かなり書いたことと然程変わりませんので、前回の記事をご覧下さい。
付け加えるとすればお辞儀です。
お辞儀とは単に頭を下げるのではなく、背筋を伸ばして腰から上を折り曲げるようにすることだそうで、猫背の僕からすると頭で理解していても身体が難しくて幾度となく社長から注意をされました。またお辞儀をした時は足下ではなく2mくらい先を見るようにしたほうが良いようです。

※ここから下は2014/10/27に追記しました。

カンボジアに来て、毎日のように営業先へ行く日々を送っています。こちらもそうですが、相手先(営業先)では、マナーの悪い人は見かけません。しかし、飲み会になるとプライベートだからか挨拶も碌にしない人間もいます。名刺交換までしたんだから会社の看板背負っていることとか考えないのかね。