新人研修1日目 信頼をかちとるためにはどうすれば良いか?

僕が営業経験がないことを伝えると、わざわざ社長が僕のために新人研修を行ってくれました。社長は「社長になったからには社員研修をやってみたかった。」と言いながら、3日間を使って色々と教えてくれました。

先ずは1日目の「相手の信頼をかちとるためにはどうすれば良いか?」です。

ビジネスの現場では、年齢やキャリア、役職の違う上司や先輩と仕事をしていかないといけません。また営業先でも一緒のことが言えると思います。
そのためには、お互いを理解して信頼関係を築くことがとっても重要だと教えてくれました。また信頼関係が満つになれなるほど、もっともっとコミュニケーションを取らないといけないようです。相手を理解することがビジネスにおいては重要だそうです。

これらビジネスにおいて重要なのはビジネスにおけるマナーです。ビジネスマナーは、一人の大人としても必要最低限身につけておいたほうが良いことばかりです。また身につけていると円滑なコミュニケーションが図れるだけでなく信用や信頼に繋がります。身につけてない人との差が明確になるのもあります。

ビジネスマナーを身につけていると、会社の評価も高くなるので是非身に付けて欲しいと何度も言われました。凄くプレッシャーですが念願の入社なので頑張るしかありませんね。

プノンペンでは、カンボジア人用にビジネスマナー教室もある
http://japancenter.jica.go.jp/company/coarse_cjcc.html

このビジネスマナーは頭で理解するのはとても簡単です。だってマニュアルのようなものを読めば、台詞のように覚えるだけですから。でも、実践形式の練習であっても台詞を覚えるだけでは、やっぱりぎこちないです。まるでロボットのような感じもします。

せっかく覚えたマニュアルもぎこちないと相手に不快感を与えたり、気持ち悪く思われたりします。また思いやりをもって接しているはずなのに、思いやりがないと言われかねません。先ずは相手に不快感を与えないことが最低なマナーだと意識するように言われ、1日目の休憩時間は社内で実践形式で上司や同僚といっても先輩に協力して練習を行いました。